読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活費を把握して分かる節約すべきポイント

f:id:likekun:20170507162359j:plain

こんにちは、TTです。

 

今回は僕が毎月使っている生活費をまとめてみます。

生活費を把握しておくと一体いくら月収があれば生きていけるのか?必要なものを買うにはいくら足りないのか?もしもの緊急の為に月いくら貯金しなければいけないのか?そういったことも見えてくるでしょう。

 

 

一人暮らしの生活費

世間一般の20代男性が一人暮らしにかかる生活費は、大体18万~22万円と言われてます。4万円も幅があるのは、都会と田舎での物価の差など、いろいろな条件が地域によって違うので大きく変わってしまうのでしょう。

一人暮らしの生活費の内訳は以下の項目です。

  • 家賃・食品・水道光熱費・雑費・通信費・自動車の維持費・衣類
これに僕の生活費をあてはめると
  • 家賃      40000
  • 食費      25000
  • 水道光熱費   8000
  • ガス代     5000
  • スマホ     15000
  • Wi-Fi      5000
  • 自動車     30000
  • 煙草      10000
  • コンタクト   5000
  • 実家への仕送り 100000
  • 小計      2430000
僕が生きていくうえで最低限必要な生活費は約24万円との結果です。
職場の同僚なんかと比べて家賃や食費はだいぶ節約してるつもりですが、平均を大きく超えてしまいました。

本業の給料ではギリギリ

現在僕の月収は24~26万円程なので(本業のみ)毎月の生活費はギリギリです。残業の少ない時期では赤字の可能性もあります。ボーナスを待たなければおこづかいは確保できてません。

余裕のない現状を本業のみで打開するには、年に一回の昇給を待つか、実力で出世し役職につく事が挙げられます。確実なのは年一回の定期昇給ですね。

 

僕の勤め先の会社では年間の定期昇給が5000円(ざっくり)なので、本業のみに固執してる限り、5年勤めたら月の小遣いは2.5万円。10年勤めて月の小遣いは5万円となります。30歳過ぎまで勤めれば毎月5万円は自由に使えると考えれば結構な額ですね。

しかしこれはあくまで、現在の生活費が増えずに、毎年しっかりと昇給した場合の話です。結婚して家庭を持つと(予定はない(´・ω・`))生活費は増えますし、会社の景気次第で昇給がない可能性もあります。

こう考えると、一つの会社に依存し続けるのは少しリスクを感じますね?

まずは固定費を節約しよう。

先程挙げた僕の生活費でもっと費用を抑えられる、見直すべきポイントが発見できたので具体的に節約すべきものを考えましょう。

スマホ代を節約しよう

毎月のスマホ代で15000円支払ってました。大ショック(´・ω・`)

忙しく通帳の記載を怠けていたので気づきませんでした。毎月の支払額はネットや銀行でこまめにチェックしなければいけませんね。高いと感じたら早めに所有してるキャリアのショップに行って契約確認をしましょう。

タバコなどの嗜好品を節約しよう

毎月タバコ代だけで諭吉さん一人支払っていると考えると凄くもったいない気になりますね。

タバコの節約方法は、まず禁煙すること、それか吸う本数を減らすことですね。誰でもわかります。しかし喫煙者からしたらそれは、凄く大変なことなんです!もし禁煙を頑張っている人が知り合いにいる方は褒めてあげてください。(話がそれました)

コンタクト代を節約しよう

初めてコンタクトを使用してから、何の疑問も持たずに毎月5000円も支払ってましたがこれって結構な出費ですよね。年間で6万円もかかってます。あるブログを拝見した時、月2500円の人がいましたので僕と比べて半額も節約してる人がいました。つまりその方はコンタクトだけで僕より年間3万円も得してることになります

今日のまとめ

自分の生活費を把握することで見えたポイント

  • 節約すべき費用が分かった
  • 1つの会社に依存することのリスク
今後おすすめの節約方法が見つかりましたら、随時ご紹介したいと思います。